製品サポート

製品別サポート情報:医療辞書バージョン共通

日本語入力ソフト用変換辞書「COVID-19関連用語辞書(2020年3月版)」ダウンロード

(2020年3月6日 更新)

新型コロナウイルス感染症の広がりから、変換頻度の高い新病名、新出用語がありましたので、今回臨時に「COVID-19関連用語辞書」を作成しました。
収録範囲・収録用語数が少ないこと、また、現在の緊急性を考え、今回は配布の対象を限定せずに公開いたします。
医療辞書をお使いの方は追加の辞書として、お使いでない方はお試しとして、ご活用いただけたらと思います。

※暫定的な用語も含む辞書であることを留意してお使いください。
※本辞書は、IME(日本語入力システム)用の辞書です。用語の意味を閲覧する辞書ではありません。

●辞書の変換例(Microsoft IME 2012):

   ▼よみ「こびっと19」からの変換例
   

   ▼よみ「しんがたころなういるすかんせんしょう」からの変換例
   

==========================

操作手順:

1)ダウンロード
 下記【 COVID-19関連用語辞書(2020年3月版)をダウンロード 】 をクリックします。

2)保存
 [COVID19DIC.zip] ファイルのダウンロード画面になります。
 保存先を 「デスクトップ」 等にして「保存」を選択、ZIPファイルを保存して下さい。

3)展開(解凍)する
 ダウンロードした[COVID19DIC.zip]を右クリックし、
 メニューから「すべて展開」を選択し、任意の場所に展開します。
 作成されたフォルダ[COVID19DIC]に、下記3つのファイルが存在していることを確認します。
 ・[ATK_COVID19_202003.DIC]
 ・[MD_COVID19_202003.dic]
 ・[辞書の手動セット手順.pdf]

4)IMEにセット
 PDF[辞書の手動セット手順.pdf]の手順に従い、IMEにセットする。

       ※mac環境でZIPファイルがエラーで解凍できない場合、
        下記URLからダウンロードしてください。
        https://www.office21c.co.jp/support.php?act=detail&supportID=443

辞書の説明:

●収録件数:約600件

●対応IME:
 Microsoft IME 2012(Windows 10/8.1に標準搭載のIME)
 ATOK 2007以降

●辞書の変換例:

 ◎新出用語例
  ・COVID-19(こーびっと19,こびっと19,こーびっとないんてぃーん等)
  ・COVID(こーびっと、こびっと)
  ・新型コロナウイルス感染症(しんがたころなういるすかんせんしょう)
  ・清肺排毒湯(せいはいはいどくとう)
  ・接触者外来(せっしょくしゃがいらい)

 ◎関連用語例
  ・SARS(さーず)
  ・MERS(まーず)
  ・すりガラス状陰影(すりがらすじょういんえい)
  ・剖検組織(ぼうけんそしき)
  ・滅菌スピッツ管(めっきんすぴっつかん)
  ・陽転化(ようてんか)
  ・手指消毒(てゆびしょうどく,しゅししょうどく)
  ・地域感染期(ちいきかんせんき)
  ・濃厚接触者(のうこうせっしょくしゃ)
  ・曝露リスク(ばくろりすく)
  ・発熱検知装置(はつねつけんちそうち)
  ・非接触サービス(ひせっしょくさーびす)
  ・不顕性感染(ふけんせいかんせん)
  ・交差汚染(こうさおせん)
  ・咳エチケット(せきえちけっと)
  ・疑似症(ぎじしょう)
  ・再熱期(さいねつき)
  ・鼻咽頭ぬぐい液(びいんとうぬぐいえき)

〇関連用語の収集は、医学系のニュース記事や、各学会の対応手引きの文献などを参考にしています。
〇暫定的な用語も含む辞書ですので、2020年4月末までの公開を予定しております。
〇弊社製品「医療辞書」と併用しても使えます。

※制限事項:各ユーティリティーによる単語の閲覧や出力はできません。
※制限事項:無償公開をしている辞書であるため、辞書のセット方法についてなど、メールや電話でのサポートは致しかねます。辞書内容についてのご意見やご感想については、歓迎いたします。

ページトップへ